スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東区の話

ホームグラウンドである創成川に縁のある場所。


以前にもこのブログで軽くふれたことがありましたが、

雪が無くなって入れるようになったので、改めて・・。


散歩好きの私がいつも通るルートのひとつとして

大友公園があります。


札幌最古の霊場である本龍寺と、札幌の開拓に深く貢献した幕臣

大友亀太郎の役宅跡 札幌村郷土記念館のすぐ近くに位置しており、

当時の御手作場があった土地でもあります。


江戸時代末期から明治にかけて、

札幌を開拓した大友亀太郎の巨大プロジェクトの一つに、

「大友堀」の建設がありました。

御手作場に水を引き、用排水また運河として、

札幌の開拓に重要な役割を果たしたこの大友堀こそ、

現在の創成川の土台となった水路です。


現在の創成川は、大友堀だった頃とは流路が変わっており、

当時の大友堀は御手作場があったこの大友公園へ流れ、

かつてここを流れていた旧伏籠川へと合流していました。


この公園には、当時の大友堀の流路が、

水遊び場として再現されています。

(今は水は流れていないのですが・・)

ootomo2-1.jpg

そして最下流部、旧伏籠川との合流点も。

ootomo1.jpg

合流点には、当時のこの付近の全体がわかる地図が刻まれています。


また大友堀、創成川、札幌村(現在の札幌市東区)の歴史、

大友亀太郎について書かれた案内板もあり、

わかりにくい所にある小さな公園ながら、

地元の歴史について深く知り、感じることができる

私のお気に入りの場所です。


当時の地図を見ると、

このあたりには旧伏籠川以外にも、たくさんの川や湿地があったようです。

これらの水辺が現在もまだ在ったならば・・。

私の釣りへの接し方も変わっていたでしょう。

現在のこの付近には、歩いて行けるような川や沼はありません。

なので行動範囲が制限されていた小学生の頃の私は、

釣りに行けなかったのです(笑)

なので、「釣りをする」「野生の魚と接する」ということ自体に

深く憧れていました。

今の、病とも言えるようなこの釣りへの思い入れは、

そんなところに関係しているのかもしれません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安田祐基

Author:安田祐基
ようこそ♪
当ブログは鯉釣りサイト
巨鯉への道 管理人の独り言
置き場です。
友人との共有ブログである
こちらもどうぞ。
HNはゆーきです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。