スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月3~4日釣行レポ



今回の釣行レポートもここに殴り書きすることにします。

この連休もバタバタせかせかと過ごすことになるでしょう。

とはいえ、行けたとしても釣り場でのんびり過ごすって感じの天候ではありませんね(笑)

HP上でじっとりゆったり無駄にダラダラと釣行記を書いてやりたいところですが、

今回それは叶いそうにないので写真ばかりサラッとUP。




前回の釣行から一月以上。前回は野花南でのボウズ、

その前は7月最後のソウギョ釣りとなるため、

この二ヶ月程、魚を手にしていないことになります。

そして最も釣り場で過ごしやすい季節を完全に逃してしまったことにもなります。

10月3~4日。

やっと雁里沼で釣りをできることになりましたが、

冷え込みは急激で、気温は一ケタ台になることを覚悟しなくてはなりません。

水温も下がりつつあり、冬の気配が私の心を焦らします。

今回、9月中にでも試したいと思っていた課題をもってきました。

私の自作ボイリー 「ポイズンベリー」 の新作です。

CIMG23881.jpg


ベースはパン粉。それにゴマとクラッシュナッツを加え、

ストロベリーリキュールと紅茶で作った甘いリキッドと卵を混ぜ

CIMG23911.jpg

今回は丸めずにソーセージ状にしてからラップを二重巻きにし、

10数分茹でます。茹でるというより、蒸すに近いでしょう。

この方法では加熱中に味や匂いが抜けることがありません。

CIMG23941.jpg

茹で上がったものをカットして完成です。

更に匂いや味を着ける場合や、冷解凍を繰り返してそれらが劣化した場合は

乾燥後にリキッドに着けて冷蔵庫で一晩寝かせ、翌日また乾燥させる。

必要に応じてそれを繰り返します。

CIMG23951.jpg

今回はもう一種類魚粉系を作成。

こちらは同じ作り方をしただけでなんの工夫もありません。

フィーディングに使うペレットとあわせて使うため、

全く同じペレットの顆粒タイプ、もしくはフードプロセッサーで砕いたものを固めただけです。

CIMG24171.jpg

要は溶けないペレットを使いたかったわけです。

今回はこれらボイリー自体のテストと、気になっている作戦が現実的に使えるかのテストの釣りです。

今回も雁里をホームとする鈴木君との合同釣行!

3日夕方、実釣りスタート!


続きはこちら


CIMG24321.jpg

今回は色々なテストを行うため、竿を3本出します。

鈴木君は少し離れたところでまた6本出してます(笑)

仕掛け投入前にベイトロケットでフィーディング。

内容はペレット、ポイズンベリークラッシュ、コーンの三種類。

広範囲にバラバラと撒いておきました。

CIMG24031.jpg

仕掛けはこれまでと同じ標準的なヘアリグで変わりありません。

今回は竿が3本なので、エサも3種類に分けます。

1番竿にポイズンベリーブロック、

2番竿にノーマルのポイズンベリー+イミテーションコーン

3番竿にペレットボイリーを使います。

CIMG24161.jpg

日が短くなったもので、村に響く夕方を報せるチャイムのメロディー

「夕焼け小焼け」と情景が合っていません。もう夜中です。

そしてこの日の冷え込みはかなり特異なもので、

日が落ちてからは壁のないところに居られなくなりました。

CIMG24341.jpg

しかしここではよく息が白くなるような真夜中にアタリが出るのです。

10月に入ってまだ3日目という時期としてはかなり寒いですが、

まだかろうじて二人の息は透明のまま。水温も悪くありません。

CIMG24381.jpg

ただこの日は昼間から風が強く、釣り場背後から吹き付けて体温を奪います。

二人ともいつもより早めに宿泊用テント、私は車に戻り、ひとまず体を温めました。


そして 冷えました。


うぐい

うぐい

うぐい

うぐい

うぐい

寒い真夜中にウグイ祭りになりました・・・。

どのポイントのどのエサがどうだとか、そういうの関係ないんですねウグイは。

全部の竿にウグイですもの。

寒いわウグイだわで寝かせてもらえず、鯉が食ってくれたのは明け方。

ちいさいの。

一応ポイズンベリーブロックでの釣果です。

CIMG24411.jpg

日が昇ってからウグイのアタリが減り、朝のやわらかい日差しの中で

またちいさいの。

これはペレットボイリーでの釣果。

小さすぎて参考になるんだかならないんだか分かりません・・・。

CIMG24421.jpg

結局ほとんどちゃんと寝かせてもらえず、

アタリが完全に止まった日が昇りきってからの時間をダラダラと眠りに費やすのでした・・・。


昨夜から明け方にかけては風に加えて雨が本降りになることがありましたが、

昼を過ぎた頃には雲の様子も落ち着き、水温が少しずつ上がってきました。

CIMG24451.jpg

夕方頃にもう一度チャンスが来ると考え、少量のフィーディングとエサ変えをします。

鈴木君の方はエサ持ちのよいウグイの切り身を使っているのですが、

こちらはナマズに悩まされていました。

私がウグイに疲れ果てて寝ていた間にも数匹のナマズを釣ってしまったようです。

CIMG24461.jpg

鯉よりもナマズの活性の方が良いのでしょうか・・・。

CIMG24471.jpg

いよいよ釣りは終わりに近づきます。

日が落ちるのが早いため、16時頃から少しずつ片付けの準備を始めました。

すると1番竿にヒット!

思わず竿へと走り出しますが、ラインはあまり出ていない様子・・・。

竿を持った感じも軽く、引き方からウグイではないだろうと安心できただけ。

3匹目の小鯉でした。

CIMG24511.jpg

これを最後に釣りを終了。

釣れないのは時期的なものもあるでしょうが、エサにも問題があるように思えます。

このポイズンベリー、一昨年から作り初めて試し続けていますが、

やたらと小鯉ばかり釣れるのです。

あとウグイ。

やはりポイズンベリーは子ども向けなのでしょうか?

安心して大物を待てるエサにするにはまだまだ試行錯誤が必要そうです。

また丸めずにソーセージ状にして茹でる作り方をしたものは、

外皮が柔らかいため、ジャミの多い場所での釣りではやはり注意が必要です。

これらはまた来年、台所を地獄と化しながら改良を進めたいと思います。


今回はこんな感じで。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安田祐基

Author:安田祐基
ようこそ♪
当ブログは鯉釣りサイト
巨鯉への道 管理人の独り言
置き場です。
友人との共有ブログである
こちらもどうぞ。
HNはゆーきです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。