スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎天下の苦戦


7月20日、熱血鯉師 鈴木君と雁里沼に釣行しました。

ちょっと余裕がないので、出先から簡易的にここにレポートします。

ちなみに私はボウズですww




早朝、私は橋の上流側、鈴木君は下流側に竿を出すことに。

CIMG2123 (1)1

底探りをしましたが、なかなかピンと来るポイントを見つけられず

水深240センチから330センチに下るなだらかな坂の上と下にフィーディングして、

魚を寄せる方法を取りました。

CIMG2119 (1)1

フィーディングの内容はコーンとガルプのフレッシュフルーツワン。

フックベイツも同じフルーツワンとコーンを模した黄色いエッグボールです。

CIMG2121 (1)1

鈴木君は自作ボイリーを使用。

無駄な添加物を加えず、素材を生かした仕上げになっており、

ボイリー版の龍王といった感じです。

CIMG21271.jpg

そんな鈴木君に早速ヒット!

足場のないポイントであるため、沼へ立ちこんでのファイトです。

CIMG21301.jpg

CIMG21321.jpg

そして50台の夏鯉をゲット!

CIMG21401.jpg

そしてその20分後にまたも鈴木君にアタリが!

CIMG21451.jpg

5分ほどの時間をかけて取り込んだのは70台。

さっすが♪

このあとすぐにまたアラームが鳴りましたが、そちらはバラしてしまったようです。

しかし何でそんなに釣れるの!?

と思ったら

CIMG21371.jpg

鈴木君のポイント近くには岸際の植物の隙間から

綺麗な水が流れ込んでいました。

これは良いポイントを見つけたものです。

しかし・・・

日が高くなるにつれ気温が上昇し、

魚の活性はどんどんと落ちてしまいました。

CIMG21491.jpg

私もワフターを使ってみたり、ポイントを少しずらしてみたりしますが、

どの竿も炎天下にさらされながら静まりかえっています。

CIMG21521.jpg

さすがの鈴木君にもアタリは出ず・・・

ただただ、時間ばかりが過ぎてゆきます。

夕方、涼しくなった頃合を狙って粘りますが、

CIMG21511.jpg

私にこんな奴がヒットしてしまったのみ。

私の場合、狙ったポイントすら完全に間違っていたようです・・・

終了時刻を迎え、丸ボウズを食らってしまいました(涙


もう7月も終わりに近づき、夏も残すところ1ヶ月です。

次週、7月最後の週末に鈴木君と一発大物を狙う釣りをする約束をして、

今回の釣りを終了しました。

次の釣行記はちゃんとHPに上げるつもりです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安田祐基

Author:安田祐基
ようこそ♪
当ブログは鯉釣りサイト
巨鯉への道 管理人の独り言
置き場です。
友人との共有ブログである
こちらもどうぞ。
HNはゆーきです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。