スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月3~4日簡易釣行記

5月3~4日の釣行記をここに投稿します。

最近余裕がないため、

またまた出先からの投稿となりました。

本当はもっとガッツリと書きたいのですが、

これからこういった形でのレポートが多くなりそうです(汗)


↓こちらからどうぞ。
あまりにも強烈な向かい風に車から出るのを躊躇った。

真正面から吹き付ける雨交じりの風に、茨戸川は海のように荒れている。

予定通りtadashiくん兄弟との合流を果たしたものの、

これではとても外に出てはいられない。

兄弟は昨晩から釣りを始めたが、この午前中から吹き始めた風にたじろいでいた。

強風が吹き始める前は魚の気配があったものの、釣果はウグイばかりだという。

このゴールデンウィークは金色の魚体を掲げることができるだろうか。

CIMG03491.jpg

風は一向に止む気配はないものの、時折弱まることがある。

そのタイミングを見計らって、やっと竿を出せたのは

到着から4時間後の21時ごろであった。

とはいうものの、ほとんど竿を出しただけである。

初めての場所だというのに細かな底探りなどの下調べもまともにできず、

作戦もなにもない。

この夜は見過ごし、明るくなってから考えることにしよう。

tadashiくん達のテントにお邪魔して、焼き肉を口にしながら状況が変わるのを待つ。

CIMG03541.jpg


朝、目を覚ますと、既に起床していたtadashiくんから

子鯉ではあるものの、2匹釣れたと報告があった。

風は依然強いままだが、昨晩ほど荒れてはいない。

私もここからやる気を出してみることにする。

CIMG03581.jpg

仕掛けは去年10月5日の雁里沼釣行の時と全く同じものを使用。

ボイリーはガルプカープのフレッシュフルーツ、ペレットと砂糖入りPVAと共に打ち込む。

CIMG03671.jpg

初めての場所であるにも関わらず、下調べをほとんどしていないため、

パッと見で良さそうな手前と20メートルほど沖のかけあがりらしき場所へキャストしてみた。


その後、私は買い出しついでに対岸で釣りをしているジュンちゃんの釣り場へ遊びに行き、

tadashi君は磯竿を出し、ウキ釣りを始める。

弟のnoboruくんは大量に購入してきた焼き肉の消化作業に熱中していた。

<CIMG03761.jpg

私が来る前に40台のウグイを釣り上げ、ウキ釣りで子ウグイを爆釣してしまうtadashiくん。

「ウグイマイスター」の称号を与えられてしまった。

CIMG03751.jpg

風は強弱を繰り返し、どうにも落ち着かない。

14時になって初めて私にアタリが出た。

20メートルほど投げた2番竿にヒット。

全く引かないが、やたらと重く感じるのでサイズを期待したが、

水面を割って出たのは期待よりはるかに小さい60台。

CIMG03891.jpg


なぜこんなサイズの魚があれだけ重く感じたのか…。

その後、noboruくんのアラームが鳴り、50台をゲットしたが、

彼の魚も、私のときと同じようなやたらと重く感じ、

ラインを回収するのに手こずっていた。

重く感じる原因は恐らくかけあがりにあるのだろう。

CIMG04001.jpg

CIMG04021.jpg


16時。徐々に日が傾いてゆく中、

noboruくんはまだ焼き肉を貪り続けている。

どう考えても2日、3日で片づけられないような量の肉がクーラーに入っており、

彼は24時間肉を食い続けているようなものだ。

私もラムや鶏、タンなどの消化に参加するがすぐにギブアップ。

エサ換えにしても散策をするにしても、

常に腹を抱えて歩くことになった。

一方noboruくんは「いくらでも食える。満腹感はない」のだと言う。

病気になるぞ。いや、これはもう病気だ。

CIMG04161.jpg


エサ換えの為、新しいPVAを準備していると、

tadashiくんのアラームが反応。兄弟が竿へと駆けてゆく。

CIMG04071.jpg

CIMG04081.jpg

上がったのは私が釣ったものと同じくらいのサイズ。

弟に「ウグイより大きいのが釣れて良かったね」と茶化されてしまっていた。

CIMG04141.jpg

リリースするとnoboruくんはすぐに定位置(肉)に着き、

tadashiくんはウキ釣りを再開。

CIMG04251.jpg

私がエサを換えている間にも、noboruくんは新しい肉を網に乗せ、

tadashiくんはウキ釣りでウグイを爆釣。

更にtadashiくんは本命竿でもウグイを釣ってしまった。

noboruくんはウグイマイスターの称号をすっかり兄に取られてしまったようだ。

CIMG04441.jpg


この夕方は完全に風が止み、昨晩が嘘だったかのように穏やかになっていた。

風によってかき混ぜられた水が落ち着いたタイミング。

とても期待できる夕マヅメであったが、アタリよりも先に終了時間が訪れてしまった。


状況に苦労させられるばかりで、なにも考えずに遂行してしまった今回の釣りだが、

坊主を免れることができ、tadashiくん、noboruくんにもヒットがあった。

1年ぶりに会うことができた兄弟と一緒にワイワイガヤガヤと、

このGWもとても楽しい釣りをすることができた。


シーズンはいよいよ本番へと突入する。

どんな1年になるのだろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安田祐基

Author:安田祐基
ようこそ♪
当ブログは鯉釣りサイト
巨鯉への道 管理人の独り言
置き場です。
友人との共有ブログである
こちらもどうぞ。
HNはゆーきです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。