スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月15~16日釣行レポート

海の日連休の7月15日~16日にかけて、石狩川釣行第二回戦を行いました。

今回は2006年10月以来、およそ6年振りにご一緒することになる

ちばさんと、ご友人のひらたさんとの合同釣行となりました。

P71500761.jpg


↓レポートはこちらから

当初入釣場所が決まっていなかったため、私は地図上で気になっていた場所の下見に出向いた。

しかし現実はなかなか厳しいもの。地図上では入れそうに見えても、

実際に出向いてみれば藪、林、立ち入り禁止ゲートなどが行く手を阻む。

13時から2時間ほどの探索で諦めを付け、ちばさん達とは石狩川近くのコンビニで合流。

そして16時、去年SASAYANと80クラス2本を仕留めたあの場所で釣りを開始。


P71500661.jpg
上流にちばさん、真ん中に私

P71500711.jpg
下流にひらたさん入釣


私は去年の釣りに倣い、手前7メートルに1番竿、15メートルに2番竿を投入。

エサは糠をベースとした夏定番配合のダンゴ。

P71500621.jpg

バードフードと麦茶のティーバッグの中身で味付け。

仕掛けは海津20号の袋仕掛けに、中通し遊動式のひし形オモリ30号。

ちばさん、ひらたさんはボイリーを使用している。

ひとつ心配だったのは、フィールドの地形にかなりの変化がある事。

水深が浅くなり、手前からキャスティングで届く距離でも90センチ~1メートルをキープ。

上流には見覚えのない中州まで出現してしまっている。

P71500701.jpg

しかしこの付近、浅いのはここだけのようで、この少し下流では、

手前から3~4メートルの水深となっている。

このように極端に浅くなっているのであれば、もしかしたら、

それが逆に狙いどころのポイントになりえるのではないだろうか。

19時を回った夕マヅメ。

突如湧き出したかのように魚の跳ねが多くなった。

鯉と思わしきその跳ねに、一同期待の眼差しで水面に注目するが・・・

P71500771.jpg

なんか嫌な予感・・・

P71500791.jpg

嫌な予感ほど当たるもの。

ウグイとカニのゲテモノコンビによる夏祭りが開催されました。

ダンゴを使えばウグイに食われ、カニに仕掛けを絡まれる。

ボイリーはカニが覆いかぶさり、魚が食える状態にならないまま、

ボコボコになるのだけという大惨事。

カニ対策としてシュリンクチューブを持っていたひらたさんに

それを分けていただき、ダンゴよりはマシであろうと私もボイリーに転じる。

P71500841.jpg

20時、仕事のあるひらたさんはここで撤収。それと同時にちばさんも

釣り場を離れ、21時頃に彼女さんを連れて戻ってきた。

ここから3人でコンロを囲んだ焼肉パーティーとなるが、水中でもパーティーが繰り広げられ、

ちばさんのボイリーはシュリンクごと引きちぎられて返ってくる始末。

この暗闇でカニと戦うのは無謀であると判断し、

腹を満たした私達は早めに車に入り、就寝することに・・・。

朝6時頃、ちばさんに起こされて車を出てみると、マットの上に鯉の姿。

P71600851.jpg

カニとウグイの群がりの中、それらを退けてちばさんのボイリーに食ってきたこの子鯉

なかなか見所のある奴である。こいつにはこのままメーターになって欲しいもの。

私も投入点をやエサなど色々変えてみてはいるものの、1時間も置いておけば

ボイリーじゃカニにむしゃぶられ、それ以降はリグから消えていたりもする。

P71600891.jpg

ちばさんいわく、めいっぱい遠投すればカニの襲撃が弱くなるとのこと。

11時頃、私は目にできなかったが、ちばさんの竿にまたアタリがあり、

魚とゴミが絡む感触があったものの、ラインブレイクしたらしい。

私も足掻けるだけ足掻こうと、ちばさんが釣ったウグイを切り身にしてみたり、

投入点を逆に足もとへ移してみたりと思いつくままに手を尽くす。

P71600871.jpg

15時過ぎ、ちばさんが撤収の準備を始める。

私もこの釣りを切り、また新しい場所探索に出るとしよう。

最後、ちばさんに謎のラインブレイクが起きた。

センサーは入らず、ラインが垂れているのみ。

その切り口は何かに擦れたような痕はなく、カッパが手で結びをほどいた痕もなく、

ラインカッターで落としたような綺麗な切れ方をしていた。

そんな終わり方はちばさんにとって腑に落ちないだろうが、

この続きはまた次回に持ち越そう。

私も当然、このまま終えようとは思わない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カニ対策

ボイリーとタイガーナッツを組み合わせてダブルベイツにしたところ、根元のボイリーが無くなっていてタイガーナッツとボイリーストッパーだけヘアの先っぽに残ってました。タイガーナッツは対カニにはボイリーよりましかもと思い始めた今日この頃です。
Twitter @marleyshun1005
プロフィール

安田祐基

Author:安田祐基
ようこそ♪
当ブログは鯉釣りサイト
巨鯉への道 管理人の独り言
置き場です。
友人との共有ブログである
こちらもどうぞ。
HNはゆーきです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。