スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡易鯉釣り日記

ちょっとこれから自宅のパソコンが使えなくなるので、

借り物のパソコンで記事を書いています。

そして今のうちに、釣行記をひとつここにアップ!

急遽、簡易的に軽いものをひとつ。


次回の更新は他魚釣行記です。

久しぶりにこちらのコンテンツをまじめに更新したいと思います。




---釣行記ここから---


8月12日19時~8月13日7時

釣行場所 篠津湖 ソウギョ

晴れ、無風~北寄りの風




続き(釣行記)はこちら↓↓

蝉時雨の昼を壁に囲まれて過ごし、

この夜はそこから開放されるべく、夏の夜釣りへ向かった。

0110811-1.jpg

ここしばらく雨が降っていない。

水面は月光を反射させて明るく、その水位が低いこともわかる。

ひとり静かに釣りをしたいなら、もっといいポイントがあるのだが、

まだそこには入ったことがない。

暗くなった今から初めてのその場所でやるのも、なんとなく不安だ。

いつもの場所を釣り場に決め、準備を開始する。

0110811-2.jpg

暑い日が続き、大きく育った葦の葉の硬さも増している。

また病気のついたものや、先の枯れたものも多く、

餌選びにはいつも以上に時間がかかった。


今年は仕掛けを見切るソウギョに寄せだけをやられてばかりなので、

今回は少しやりかたを変えてみる。

0110811-3.jpg

江戸川式の浮かせ草針ではなく、

縫い刺しして葉の先端で針を止めるタイプのものを使用。

いつもは竹竿に葦を数本結び付けて、それを寄せ餌にして

すぐそばに草針を浮かせるやり方なのだが、めんどうくさい

0110811-8.jpg


今回は2本針仕掛けに2枚の葦の葉を縫い刺しでつけ、

ハリスの上に、葦の先端の部分の茎をホチキスで止めてぶら下げておいた。

それを竿から垂らし、若干沈め気味にセットして完了。

0110811-5.jpg

あとは静かにソウギョが回ってくるのを待つのみ。

気持ちの良いくらいの晴れ空に月が明るく、

気温も長袖のシャツ一枚で丁度良いくらい。

0110811-4.jpg

竿から車までが近いので、今回はテントを張って泊まることにした。

車の場合、多少竿から離れていても、

トイレに行こうとドアを開けた瞬間、その音に驚いて

寄っていたソウギョが逃げてしまうことがある。

そうなってしまえばせっかくのチャンスは水の泡。

できる注意は怠らないのがセオリー。

ランタンの明かりもどうかと思ったが、飽く迄私の経験上、

少し離れていれば大丈夫ということで、変に音だけは立てないように気をつける。

0110811-7.jpg

そして朝になっちゃいました

終わり。


ということで、今回はソウギョの気配をまったく感じることなく終了してしまった。

もちろん寄せ葦にも噛まれた跡はなく、

完全なる丸ボウズだ。

ナマズなどはよく水面でライズしていたし、状況が悪かったわけではないと思うのだが・・

単純にチャンスが回ってこなかったということか。

今年はなぜ会えないのか・・っていうか、

去年が簡単に会え過ぎたのか。

メータージャストを釣って、その満足感はいまだに心を満たしているが、

やっぱりそれだけでは収まらないのが釣り人。

もっと大きいのを・・という意味でも、

大きさに関係なく、楽しみたいという意味でも。

今年も早くも秋になろうとしている。

次はいつここで、この釣りができるだろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安田祐基

Author:安田祐基
ようこそ♪
当ブログは鯉釣りサイト
巨鯉への道 管理人の独り言
置き場です。
友人との共有ブログである
こちらもどうぞ。
HNはゆーきです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。