スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風趣を楽しむ釣り


この半年間、やたら風邪をひきます。

以前は風邪なんて一年に一度ひくかひかないかくらいだったのですけど、

なぜこんなに風邪に弱くなってしまったのでしょう。

また今日も鼻水がしつこく垂れてきます。。

最近の口癖は

あぁー!鼻水クソーーーっ!

まぁ、慢性鼻炎なので、

幼少の頃から鼻水とは長く深い関係なんですけど。




前置きはこのくらいにして、

待ち侘びたシーズンインまでもう少しといったところでしょうか。

もうすでに開始されている方も多いかと思いますけどね(笑)

これから始められる方は、今年の釣りプランはもう決まりましたか?

sousei110321.jpg

僕もいつもお風呂に入りながら、ボケ~っと計画立てしています。

今年の初釣りのテーマも大体決定。

雪が溶けたら、鯉釣りを始めた頃の原点に一度戻ってみることにします。

具体的に言うと、

創成川の下水道科学館から学園都市線までのエリアに絞った

フリースタイルの鯉釣りです。

それが鯉釣りを始めて間もない頃のスタイル。

ライトタックルを数本持ち込んで、鯉の姿を直接見ながらの釣り。

浅場で魚影を見つけてキャストのランガンスタイルが主ですが、

釣りをするエリアを絞るので、いつでもそこに鯉がいるとは限りません。

そういう時は、鯉の行動パターンを観察して、

ポイントとなる場所を割り出してから、

鯉が戻ってくるまでの待ちの釣り。

タックル変更はありません。ルアータックルを戦力とします。

そのスタイルで、一日を釣り切ります。

状況が悪い、釣れそうにないからと言っての撤収はありません。

始めた当初は、地下鉄を使って徒歩で創成川まで来ていました。

長い時間をかけて重い荷物を背負っての釣行だったので、

いくら状況が悪くても、簡単に諦めてすぐに帰るということができません。

行くと決めた日は一日やり切ります。

限られた条件の中での釣り。それをこの初釣りで再現したいと思います。


ここ最近の僕の釣りは、自分で思い描いたプランやシチュエーションに

添って行っています。

こうすれば釣れそう、釣れなさそう、というのは関係なく、

釣りがしたいと思った時、一番最初に頭に浮かんだシチュエーション。

例えばそれが、小雨の降る中、水面の静かな場所でのデイゲーム・・・

というイメージがであれば、

雨天の昼間、石狩川公園の林の中で釣りをします。

それが今回は、中学生時代の創成川での釣りのイメージでした。

今はまだ少し雪が深く、歩くたびに大きな音が出たり、

その時崩れた雪が川に落ちたりするので、そのようなサイトフィッシング

はできませんが、もう少し雪が溶けたら実行したいと思います。


とかいって、雪ぜんぜん溶けなかったりして(爆)

まぁ、そのときはそのときでまた別に考えますけど(笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安田祐基

Author:安田祐基
ようこそ♪
当ブログは鯉釣りサイト
巨鯉への道 管理人の独り言
置き場です。
友人との共有ブログである
こちらもどうぞ。
HNはゆーきです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。