スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年お盆休み釣行


今更ですが、お盆休みの釣行をここにレポートします。

家でパソコンをやる時間があまりなくて、

シーズン中でも更新速度はこんなもんになると思います・・・。





8月14日。今回は釣友鈴木君の提案で、

これまでやったことのないダム湖を攻めることになりました。

このダムの名前は昔から聞いていましたが、

”割と新しくできたダムであり、元々は鯉の住む場所ではなかった”

”放された鯉が少数、ひっそりと繁殖しているのみ”

”いるけど数もサイズも悪い”

とネガティブな情報ばかりで、行ったことがありませんでした。

しかし、以前ヘラブナ釣りでこのダムを訪れた鈴木君が、

合間に鯉竿を出したらヒットしたがバラしてしまった

というので、一緒にリベンジをしようというノリで釣行を決めました。

CIMG31651.jpg


鈴木君とLINEで話合い、グーグルマップでマークした場所に現地集合です。

釣り場までは担ぎ込みで、深い泥道を進まなければなりません。

ウェーダーを履いて重たい荷物を背負って進み出すと、

足がズブズブと沈んでゆきます。

CIMG32121.jpg


距離は全然大したことないのに進行速度の遅いこと・・・。

全ての荷物を運び終えるのに苦労しました・・・。


鈴木君は岬状になったこの場所の先端に3本の竿を、

そして先端を向いて左側にも2本の竿をだしています。

CIMG31761.jpg


私は岬の根元にあったスペースに2本の竿を出します。

底探りした感じだと、手前はゴツゴツとした石の底のようですが、

そこから奥では硬い泥になるようです。

見た感じ、泡付けは硬い泥の水深3.5メートルラインに多かったので、

そこに一番竿をセット。

二番竿は手前のゴツゴツ底の水深2メートルラインに投入。

CIMG31711.jpg


仕掛けは道糸から6号のフロロカーボンラインをリーダーとして2メートルほど繋げ、

その先にいつものブローバックリグを結びます。

ボイリーはソース18ミリでPVAに少量の砕いたソースを詰めて投入します。

CIMG31691.jpg

セット完了したのは日暮れ頃。

すっかり日が短くなってしまったもので、19時には月が表舞台に立ちました。

真っ暗になってしばし、鈴木君がこちらに走ってきました。

「釣れました!」

岬の先端の足元にセットした仕掛けにヒットしたようです。

CIMG31841.jpg

小さいながらも綺麗な鯉です。

これで鈴木君はリベンジを果たしたことになります。

続いては私・・・・。

あまり期待はしていませんでしたが、鈴木君の1時間後にヒット!

水深2メートルの足元に入れた二番竿。

大きな抵抗無く上がってきましたが、

マットに乗せてからマグロ張りに大暴れして大変でした。

CIMG31911.jpg

初めての場所での初めての鯉は60台の痩せ型でした。

これで釣れることがわかり、一安心。

あとは追釣を狙うばかりです。

テントを設営して寝床を確保。外は虫が多いので刺されないうちに入ります。

CIMG31871.jpg

午前1時頃、一番竿のラインに食い上げアタリ。

しかし魚は付いていません。

鯉の浅掛かりか、ウグイか・・・。

ウグイは少ないように思えましたが、鈴木君に大型のウグイがヒットしていたので、

油断はできなそうです・・・。


いつものことながらなかなか寝付くことができず、

気が付けば空が明るくなってきてしまいました。

CIMG32031.jpg

午前4時、またも一番竿に反応がありましたが、ヒットにはいたらず・・・。

このダムにはマス類がいるというので、ちょっとだけルアーを投げてみますが、

なんの反応もなし。

というか、水温が高すぎてマスを釣れる状況ではなさそうです。

CIMG32051.jpg

日が昇ってからの水温は26度。

これは鯉を釣るにしても高い温度かもしれません。

エサ換えをして、夜中に眠れなかった分の睡眠をここで取ります・・・zzz

が、暑さでテントから追い出されることになりました(汗)

CIMG32251.jpg

正午過ぎ。

鈴木君と立ち話をしていると、一匹の綺麗な鯉が、

僕の釣り場の足元に訪れました。

ここは小型が多いようですが、とても綺麗な鯉がいるようです。

これを機に、15メートルほど投げていた一番竿の投入点も、

二番竿と同じちょい投げに切り替えました。

しかし鯉も夏バテしているのか、なかなかアタリは出てくれません・・・。


夕方近くになって、鈴木君の釣り場からセンサーの音が!

岬の先端に出した竿にヒットしたようです。

今度の鯉はなかなか粘り強い様子。

CIMG32191.jpg

そして上がってきたのは40センチほどの子鯉。

ですが、この子もめちゃくちゃ綺麗です。

CIMG32211.jpg

小顔で、金色の鱗が揃い、ヒレもパリっとしています。

しっぽの迫力、わかりますか?(笑)


この後、夕まづめに期待して釣りを続行したのですが、

アタリが続くことはありませんでした。

子鯉ばかりの釣果となりましたが、

初めてのダムでアベレージサイズも分からない段階ですので、まあ良しとします。

初めての場所で1匹釣ることができて良かった。

そして今回使ったボイリーもダイナマイトベイツの「ザ・ソース」で、

このボイリーには期待して良いと思いました。

迷ったときには安心して使えるアイテムとして、

これからもテストを続けます!

スポンサーサイト
プロフィール

安田祐基

Author:安田祐基
ようこそ♪
当ブログは鯉釣りサイト
巨鯉への道 管理人の独り言
置き場です。
友人との共有ブログである
こちらもどうぞ。
HNはゆーきです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。