スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見学

私がどうしても鯉を釣れない湖があります。

空知にあるその湖は釣行記にしていない一度を入れると、過去3度釣行しています。

しかし食い気のある鯉を目の前にして、作戦の全てを見切られ、

アタリのアの字もありません。

他に釣り人も見当たらず情報も無し。

そこで、私以外の釣り人に目の前で釣りをしてもらうことにしました。

私とは全然違う釣りをする人がどのようにこの湖を釣るのか。

その結果を参考に、私の次回の作戦に役立てるという

とんでもなくズルい方法です(笑)

今回は私より6歳も年下でありながら、ベテラン顔負けの釣りをする

鈴木君に釣ってもらうことにしました。

もちろん私も竿を出します。



湖を見回った後、鈴木君が釣り場を選びました。

私はこの湖で、いつもダンゴやボイリーを使ってきましたが、

鈴木君は今回、小魚を丸一匹使用した生エサを選択。

彼は今回6本も竿を出しました。

私はいつもどおりの2本竿で、いつもどおりボイリーをフィーディングしてやってみることに。

しかし、底探りなどをしても全然作戦が思いつきません。

竿だけを出して、真っ暗になるまで仕掛けを投入できない始末・・・。

CIMG23411.jpg

自分だけの釣りなら大問題ですが、今回の主役は鈴木君です。

私はちょっとテキトウにフィーディングと仕掛けのキャストをして済ませました。

CIMG23471.jpg

しかしやはりアタリは遠く、鈴木君に大きなウグイが一匹掛かったのみで夜が明けてしまいます・・・。

CIMG23611.jpg

朝、余裕をぶっこいて眠っていた私を起こす鈴木君の声。

釣果を見込めないので釣り場を移動したいと言います。

もちろんOK!急いで竿とテントを片付けます。

CIMG23651.jpg

そして次に竿を出したのはよく私が竿を出すエリア。ここには小さな鯉がよく溜まります。

CIMG23771.jpg

食い気のない鯉が集まっているかというとそうではありません。

寄せエサのペレットやボイリーを撒けばすぐに寄ってきて食い漁ります。

それでも見事に食わせを残してゆくのです。

ここで鈴木君はどう釣るのか・・・。

彼は6本の竿を豪快に使い、大胆にも

橋の上流の右岸と左岸、下流の右岸と左岸全てに竿を出しました。

CIMG23711.jpg

CIMG23731.jpg

さすがにコレは真似できません(笑)

しかしそれでもアタリは出ず、時間ばかりが過ぎてゆきます・・・。

そろそろ片付ける準備をしようかと言う頃、

ついに鈴木君の下流右岸の竿にヒット!

CIMG23821.jpg

足元にちょい投げした竿にアタリました。

魚は70センチほどで、茶色めで力強い姿の鯉でした。

CIMG23831.jpg

私は一昨々年に一度、一昨年に一度、そして今年一度ここで竿を出していますが、

ここの鯉を見るのは初めてです(笑)

しかし鈴木君はたった一回の釣行で鯉を上げてしまいました。

感服です。

CIMG23851.jpg

さすが!

彼をここに連れてきて良かった。

私以外の釣り人がここで釣りをするのを見てみたい。そして

あわよくば釣ってほしい。

そんな私の願いを彼は叶えてくれました。


これで大きなヒントを得ることができたので、私もまたここに来て

今度こそ釣ってやりたいと思います。


しかしズルイ目論見ですね(笑)

鈴木君、利用してごめんw



スポンサーサイト
プロフィール

安田祐基

Author:安田祐基
ようこそ♪
当ブログは鯉釣りサイト
巨鯉への道 管理人の独り言
置き場です。
友人との共有ブログである
こちらもどうぞ。
HNはゆーきです。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。